とびっきりの潤いは
砂漠のど真ん中にあった。

カラハリスイカ
WILD MELON

カラハリスイカの生息地

カラハリ砂漠はボツワナの国土の70%を占めるほか、ナミビア、南アフリカ共和国の一部にあたります。 年間降水量は250~500mm程度の乾燥地帯で特に冬(5~7月)には年間降水量の10%しか降りません。 また、夏季日中の最高気温は摂氏40度近くになる一方で、冬季は摂氏2度まで気温が下がる事もあります。 年間通じて寒暖差が激しい地域です。

砂漠の生きる源

カラハリ砂漠の原住民と呼ばれるサン族(ブッシュマン)は、カラハリスイカの実を「砂漠の水がめ」と呼び、 これを採集・備蓄して、その果実を飲料水や料理・入浴用水・赤ちゃんの産湯などに用いています。
カラハリスイカは原住民の「生きる源」として決して欠かすことのできない食材です。

カラハリプラセンタ

1本50mL×10本
小売希望価格:6,264円(税込)

原材料:柚子果汁(国内製造)、砂糖、カラハリスイカ果汁、豚プラセンタエキス末、アセロラパウダー、ヒアルロン酸、馬サイ帯エキス末