最大20%OFF!お得なお買物ガイドはこちら

世界三大美女も愛用したプラセンタ

プラセンタは、古来より美肌・健康に良いとされ、クレオパトラや楊貴妃、マリーアントワネットも使用していたとか。今も昔も神秘のパワーに世界中が集中し、いつまでも若々しく美しくありたい女性の願いをかなえる成分として重宝されてきました。

プラセンタ・サイタイとは※1

プラセンタとは赤ちゃんを育む「胎盤(たいばん)」のこと。胎盤は、1個の受精卵からおよそ10ヶ月で60~70兆個まで細胞を増殖させ、赤ちゃんを成長させる臓器です。身体を正常にコントロールし、本来の状態に導いて蘇らせてくれる秘めたパワーを持つとも言われています。従って、胎児細胞の成長に必要な様々な栄養成分や活性物質が含まれており、胎盤の薬効は古くから注目されていました。

プラセンタに含まれる栄養素は、生命の源であるアミノ酸、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素など胎児の生育に欠かせないあらゆる栄養素が含まれています。


サイタイとは、臍の緒(へそのお)のこと。サイタイは胎児と胎盤をつなぐ器官であり、胎盤側からは栄養素・酸素の、胎児側からは老廃物の運搬を担う重要な器官です。サイタイは優れた保水力に優れており、“天然のヒアルロン酸”とも言われています。サイタイはアミノ酸、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、幹細胞を含んでいます。そして近年、プラセンタよりも摂れる量が少ないため希少性が高く注目されています。
その神秘の美容エキスを世界で初めて同時抽出したものがプラセンタ・サイタイエキスです。

※1エポラ独自の成分のため、プラセンタ・サイタイとなっています。

「プラセンタ」と「サイタイ」を併用するとさらにキレイに!

赤ちゃんが育つために不可欠な要素が母体にある「プラセンタ」と「サイタイ」。美容の目標が”赤ちゃん肌”とすれば、その近道はプラセンタとサイタイにあり!

2つの美肌成分の併用でさらにキレイに!

ハリ・ツヤ・透明感のある毎日へ

ハリ・ツヤ・透明感のある毎日へ導きます。
プラセンタ・サイタイは、肌を構成するコラーゲン・ヒアルロン酸・プロテオグリカン・エラスチンを元気にさせる役割を果たしています。
また、カラダも心も元気にすると言われています。

プラセンタにも色々種類があるってホント?

現在、サプリメントや化粧品の原料として用いられているのは、豚由来プラセンタと馬由来プラセンタがほとんどです。それぞれにこの2 種類は栄養成分やバランスに特色があり、使用感や価格などが異なります。

サラブレッドの胎盤から抽出されるプラセンタエキス。豚の1.2~1.5倍のアミノ酸を含みますが、希少性が高いため、比較的高価です。

豚は年に2回出産し、一度に10頭前後の子供を産むと言われています。そのため、他の動物に比べて大量に胎盤を採取することが可能なので、豚プラセンタが多く流通しています。